新野小学校 なかよし花の木会 読み聞かせ ボランティア

新野小学校の一日が始まる 朝の時間。

地域のみなさんによるボランティア「なかよし花の木会」から、読み聞かせボランティアの皆さんが来校されました。

 

「ろうそく パッ」

それまで友達と元気にお話をしていた子どもたちも、静かに腰を下ろします。

学年ごとに分かれて 絵本の読み聞かせ、新野の歴史・旦開村の朗読。

子どもたちも 静かに、集中して聞いています。

図書館で働き、読み聞かせをされていた中村さんが、学校の先生に誘われたことがきっかけで始まった 読み聞かせの活動。

最初は一人で活動していましたが、児童の親たちや地域の方が協力し、一人、二人と読み手が増えていきました。

「ボランティアの意識はあまりないよ。やりたいと思ったことを 仲間と一緒に楽しくやってる。」

と中村さんは言います。

『やりたいことを、仲間と、楽しく。』

活動をする上での大切なことを教わりました。

読み聞かせの優しい声が、静かな校内に響き渡ります。

朝の忙しい心をいったん落ち着かせて、今日も元気な一日のスタートです!

教頭先生より

『これまでたくさんの本を読んでいただき、ありがとうございます。子どもたちも毎回楽しみにしています。これからもよろしくお願いします。』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です