野良舞夏ひまわり倶楽部

平石農場のひまわり畑は、夏の景色から一転していました。

 

野良舞夏ひまわり倶楽部の活動はここからが本番です!

夏の間 日光を浴び たくさんの種をつけた頭花を切り落とし、種を取るために集めます。

 

取った頭花は種を取りやすいように、花の周りを切り落とします。ボランティアが集まり、作業を進めます。

 

種取りは、網で擦ったり

手作りの種取り機で 一気に落としたり 

一つ一つ丁寧に、手作業で種を取っていきます。

取った種はひまわり油に加工されるそうです。

 

 

遊休農地を活用しようと始めたこの活動は15年間続いています。油がとれるひまわりを作るまでに5年間、各地へ出向き学んできました。

自然の中の作業。台風や大雨でうまく育たなかったときもありました。また、広大な土地の草取りは尋常な作業ではありません。

8月のお盆辺りに花を咲かせるように、6月にひまわりの種を蒔きます。ハトがつつかないようにかかしも作ります。花が咲き終えた9月頃から種取りをし、ひまわり油取り。10月には次の年に向け菜の花を植えます。

 

春は菜の花、夏はひまわりと、阿南町の観光スポットとなっています。

「大勢の人に楽しんでもらいたい」とひまわり倶楽部の木下さんは話します。

 

普段は自分の家で畑をしたり、それぞれ忙しいボランティアの皆さん。

忙しい生活の中で、大変なひまわり畑の作業にも関わらず、作業中には仲間同士で話が盛り上がったり、楽しそうな笑顔が見られました。

「草取りはえらいが、家にいるよりはみんなと話が出来て楽しい。ここは見返りは関係ない人たちの集まりだよ」ボランティアの一人は話します。

 

自分のペースで楽しく、地域のために、仲間のために。野良舞夏ひまわり倶楽部のみなさんの活動は冬まで続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です