ふちっ子ブック 小学校へ

月に一度のふちっ子ブックによる読み聞かせがありました。
大下条小学校 あじさい読書旬間中です。

 

始まる前に最終確認。児童の座る位置、本の開き方などを声掛し、子どもたちが見やすいようにと本の中央に折り目をつけます。

1.2年、3.4年、5.6年の3教室に分かれます。

時間になると教室へ入り児童とあいさつをして読み聞かせが始まりました。

子どもたちは静かに聞き入ります。

 

担任の先生「ふちっ子ブックの皆さんの読み聞かせを聞いていて、非常に考えて絵本を選んでくださっているなと感じます。普段の生活での発見をする本や、頭で考えさせてくれるような本など、子どもたちのことを考えて選んでくれているなと思います。」

教頭先生「読み聞かせは子供たちの本への意欲喚起となっています。有難いです。」

 

先生たちにも好評なふちっ子ブックの活動。子供達も毎月楽しみにしているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です